三度の飯と漫画が好き☆

少年漫画(WJ)にハマった女の日記的な物です。  今の一番はBLEACHです。浮竹LOVE。 あ、ネタバレすごいです。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- [--]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春(日+浮)

2007/05/10 18:21 [Thu]
※パラレルです。


各部活動が活動真っ最中の秋の夕暮れ。
静まり変ええた校舎の音楽室から
静かなピアノの音が流れ出る。
美しく
悲しげな―――

―――――春―――――

「また弾いてんのか?ぁ~…ノクターン?」
奏でている本人に向かって銀髪の学生が話しかけた。
「そうだよ。解ったのか?」
問われた方は特に驚いた様子もなく、弾き続けながら答えるという器用なことをする。
「解ったから答えてんだろ」
「…確かにそうか」
そこまで言って漸く手を止め、向き直る。
軽くその長髪が後に残って追いつく。
「ところで剣道部の日番谷君。今は部活動の時間じゃないか?」
「そうですよ?剣道部顧問の浮竹先生。貴方が休みにしたのは今日では?」
「…そうだったかなぁ……そうだった」
「いや、忘れてんならこんな所で弾いてらんないだろ」
「う…ん?あー…弾く前は覚えてたんだ。きっと」
きっとって何だよ…。と思いながらも口に出さず、
ため息だけつく。

「大体なんで音楽教師なのに剣道部の顧問なんだ?」
しかも他の奴等(体育教師二人)よりも断然うまい。
「もともと俺は体育教師になりたかったんだけど…病気がちだったから」
「いや。音楽も結構凄いと思うぞ」
「………そうだな」
「え!?今頃!?」
教師歴何年だ!?この人!?
「いや音楽でなくとも良かったんだけど、結構良かったのは古典…?だったかな?」
「古典オンリー!?」
どんどん突っ込んでしまうのは突っ込みとしての悲しいものであるのだが、
気にしていない。というか気にならない。
「いや、大体良かった気もするけど…体育は休みがちだったもんな。うん」
「いや、ずれてる。論点からも。てか一人で納得すんな。でもってだったら何故に音楽?」
「……………………何故だ?」
「いや、しらねぇよ!!」
「まぁなんやかんやだろ」
「いや、だろって言われても…」
困るんすけど。

「まぁ…俺のことはいいから」
そういうとまたピアノの方に向き合い弾き始める。
今度の曲は
「……春…」
「ベートーベンのね」
やはり弾いたまま答える。
「この曲は彼の耳が悪化して人に相談するほど深刻なときにかかれたんだ」
指が鍵盤をはじいた。
「そんな暗い気持ちなんてかかれていないのにね…いや」
ふいに指が空中で止まる。
「少しは…」
また日番谷のほうを振り返って言った。
「彼のように強くなりたいものだ」
と。
すぐにまた向き直った彼が次に弾いたのは
サン=サーンスの
白鳥
別名、『瀕死の白鳥』と言われる
死の直前まで羽ばたき続けようとする
運命を抗うかのような
悲げで
力強い



拍手お礼小説をいい加減変えないとなと思いまして。
サイト一周年迎えて2月たったのに
まだ二個目って…そりゃないぜ?
おとっつぁん。
スポンサーサイト

« やっと…だと思ったのにな。オイ。  | HOME |  いつかの入隊日(創作) »

この記事へのコメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

 

この記事のトラックバックURL

http://ukitakezyuusirou.blog49.fc2.com/tb.php/60-20263184

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

プロフィール

橘 桔梗

Author:橘 桔梗
少年漫画大好きっ娘です!
・浮竹隊長について行きたい!
・第三師団にはいって大佐の勇姿を!
・レゴラスの歌を聴きたい!
・イングズの髪に触りたい!
・正宗に切られていいから髪触らせて!
・音楽、主に楽器をこよなく愛してます!
・ピアノ、チューバ、クラ、ボーンとか
 やったりやってたり!
・あれ?こいつオリキャラに似てるぞ…?
・最早開き直り!
・よろしくお願いします!

最近のトラックバック

水浅葱

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。